規格・特長

Home » 溶融亜鉛めっき » 規格・特長

溶融亜鉛めっきの規格

溶融亜鉛めっきに関する日本工業規格

JIS H 8641 溶融亜鉛めっき
JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法

種類

めっきの種類は、付着量により以下の通りとする。

種 類 記 号
2 種 HDZ 35
HDZ 40
HDZ 45
HDZ 50
HDZ 55

品質

付着量

めっきの付着量は、以下の通りとする。

種類 記 号 付着量(g/㎡) 適用例(参考)
2種 HDZ 35 350以上 素材厚さ1㎜以上2㎜以下の鋼材・鋼製品、
径12㎜以上のボルト・ナット及び厚さ2.3㎜を超える座金類
HDZ 40 400以上 素材厚さ2㎜を超え3㎜以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 45 450以上 素材厚さ3㎜を超え5㎜以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 50 500以上 素材厚さ5㎜を超える鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 55 550以上 過酷な腐食環境下で使用される鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類

備考:HDZ55のめっきを要求するものは、素材の厚さが6mm以上であることが望ましい。

溶融亜鉛めっきの特長・特性

防錆方法のうちで、経済的にも機能的にも、最も効果的である溶融亜鉛めっきには次の4つの優れた特性があります。

1.耐食性に優れています

溶融亜鉛めっきは、純亜鉛層の緻密な保護皮膜と電気科学的な犠牲防食作用によって、大気中、淡水、海水、土壌中及びコンクリートの中の鉄鋼製品をサビから守る働きをします。

日本における使用環境別の亜鉛腐食速度

暴露試験地域 腐食速度 (g/㎡/年) 平 均 (g/㎡/年)
重工業地帯 32-35 34
都市地帯 12-18 15
海岸地帯 11-14 13
田園地帯 8-12 10
山間地帯 3-8 6
乾燥地帯 2-5 4

亜鉛めっきの 環境別耐用年数

大気中の耐用年数の計算方法

2.メンテナンスフリー

長い年月にわたっ防食効果がありますので、まったくのメンテナンスフリー
です。長期の防食を目的とする場合、塗装方法と比較してもっとも経済的です。

溶融亜鉛めっき加工費と塗装費との比較(例)

溶融亜鉛めっき加工費※1 塗 装 費※2
厚5㎜ 厚7㎜ 厚12㎜ 厚20㎜ 例1 例2 例3
初期費用(円/㎡) 1,260 1,700 2,700 3,810 3,170 4,140 6,920
塗替費用(円/㎡) 0 0 0 0 1,560 2,520 0
20年間の塗替回数(回) 0 0 0 0 3 2 0
20年間の塗替費用(円/㎡) 0 0 0 0 4,680 5,040 0
20年間の合計費用(円/㎡) 1,260 1,700 2,700 3,810 7,850 9,180 6,920
塗装仕様 (例1)
鉛系さび止め塗装1層
フタル酸樹脂塗装2層(例2)
鉛系さび止め塗装2層
フェノール系MIO塗装1層
塩化ゴム系塗装2層(例3)
ジンクリッチプライマー1層
エポキシ樹脂塗装2層
ウレタン樹脂塗装2層

※1 溶融亜鉛めっき加工費:現行の標準加工費より精算
※2 塗装費:㈳日本塗装工業会発行の塗料ハンドブック(昭和54年度版)より精算

20年間における溶融亜鉛めっきと塗装の合計費用の比較

亜鉛めっき鋼構造物研究会パンフレットより

3.密着性にすぐれています

溶融亜鉛めっきは、亜鉛が鉄と反応して鉄と亜鉛の合金層を形成し、鉄地と固く結びついています。更に純亜鉛層の被膜を被っているため鉄を腐食から守ります。また、衝撃摩擦等によっても剥離することがありません。

4.すみからすみまで均一にめっきできます

めっき槽に浸漬してめっきを行いますので、構造が複雑なタンクの内面や、パイプなど目に見えない部分、手の届かない部分でも完全に均一にめっきができます。

5.鉄地の保護に優れています

塗装または錫めっき等の腐食の場合

© 2017 ケイ・エス工業株式会社